fc2ブログ

思い出⑧時限爆弾!?



息子たちが保育園や小学校低学年の頃、

家の近所に神社があり、
運が良いとカブトムシなど捕まえられた。

虫 という種類がニガテなママは、
できれば捕まえてこないでーっ!!
と毎日祈っていた…

が、

夏の暑い日の夕方、

『ママーっ!!ママーっ!!』

兄弟で外遊びをして汗びっしょりで帰ってきて、
玄関先で呼んでる…

段ボール箱をかかえ嬉しそう♪

どうしたの?

しかし、
何やら壊れかけたタイマーのような、

ジリジリ…ジリジリ…

ガサガサ…ジリジリ…

不吉な予感…(汗)

『見て、ママ!!』

満面の笑顔が3つ並び、
段ボール箱が開く…

一瞬、真っ暗で何も見えない…

ぎゃあ~っ!!

真っ暗なんじゃなく、
真っ黒になるほどの

セミ!!

みかん箱くらいの大きさに、
何十匹…10や20ではきかない。

セミが身動きできないほど入ってるんだから、
尋常ではない。

早く逃がしてらっしゃいっ!!

なかば悲鳴に近かったと思われる、
ママの叫び声…

『せっかく捕まえたのに…
ママのケチ!!』

そういう問題じゃない!!

家の前の道で放されたセミたちは、
やっと解放され、
それぞれ近くの木に飛んでいった…

あの大群は、軽くホラーだわ(泣)

よくもまあ、あれだけの数を捕まえて、
段ボールに入れたと、

感心するやら呆れるやら…

時限爆弾並みの恐怖を体験した、
暑い夏の午後でした…(笑)

 
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)