fc2ブログ

上に立つ者



昔…ママが15か16歳、
働き始めた頃の話。

夜、バイトが終わり、中学の就職組が集まり、
いつものゲーセンも閉店となり、
近くのイートインスペースがあるコンビニにいると、
数台の車が停まり、中から数人の男が降りてきた。

その中には、ママの先輩にあたる人もいたが、
あまりの威圧感に、ママたちは固まっていた…

するとまた車が来て、
慌てた様子で中に入ってきた。

今みたいに携帯電話はない時代、
集まって何やら問題があったような話をしてると、

当時の暴走族の頭は、

『散れ!!しばらく出てくんなっ!!』

後から来た数人は、あっという間にいなくなった。

そして、ママたちに向かって、

『お前らも、こんなとこにいつまでもいるなっ!!
さっさと帰れっ!!』

その頭は、隣町の人だったが、
ママたちグループの男の子の姉と付き合っていたので、
ママたちを巻き込まないように、言ってきたのだ。

その当時は大きな暴走族で、
その頂点に立つ頭は、絶対的存在だった。

暴走族の仲間うちで、シンナーをやってるのがいたら、
ボコられ、
窃盗、恐喝は追放、

暴走族のクセに、悪いことは禁止だった。

実際、上の人間はナニしてるかワカラナイが、
下には、暴走行為以外の捕まるようなことは禁止していた。

頭(上)は、下を守る…

そして、今、
その暴走族の頭は、
暴走行為より、窃盗や恐喝をし、
自分は手を汚さず下の人間にやらせている。
それが息子②のバイクを盗んだ暴走族…

時代は流れて、
弱い立場の人間がバカをみる。

いつからこんなふうになっちゃったんだろう…
 
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)